基本事項

当Wikiは現在編集途中です。一部、不正確な情報を含んでいる可能性があります。 (おすすめコンテンツ:LINE、Gmail、IP電話等アプリの常駐・プッシュ受信設定まとめ



公式サイト

HUAWEI nova 3 スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI JAPAN
https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova3/

基本事項

概要紹介ビデオ

スペック

P20、ZenFone5とのスペック比較はこちら

商品名 HUAWEI nova 3 HUAWEI P Smart 2019(これが日本では「nova lite 3(仮)」として発売の可能性が高い(予想)。管理人も購入予定。)
メーカー型番 PAR-LX9 POT-LX2J(型番的に日本発売はほぼ確定!)(ソース)→POT-LX2Jで技適通過!!(ソース)(つまり、「P Smart 2019」とnova lite 3(仮)は同一筐体)
愛称 ノバさん 野薔薇3
公式スペック表 日本版https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova3/specs/、中国版https://consumer.huawei.com/cn/phones/nova3/specs/ 欧州版https://consumer.huawei.com/uk/phones/p-smart-2019/specs/、ウクライナ版HUAWEI P Smart 2019 https://consumer.huawei.com/ua/phones/p-smart-2019/specs/ 中国版Honor 10 lite https://www.vmall.com/product/10086789934944.html
発表日 2018/7/11@中国 2018/11/21@中国、2018/12@ウクライナ・イギリス
発売日 2018/7/20@中国 2018/11/27@中国、2018/12@ウクライナ・イギリス
中国での定価 6GB+128GB:2999人民元(約50000円) Honor 10 lite 4GB/64GBモデルが1399人民元(約23000円)(鬼コスパ)、P Smart 2019 3GB/64GBが249EUR(約32000円)
ebayでの相場 HUAWEI nova 3 eBay HUAWEI P Smart 2019 eBay(ケース等は「P Smart 2019」用のを流用できます→amazon P Smart 2019 )、HUAWEI Honor 10 lite eBay
日本での相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場
日本版の発表日 2018年10月2日 ?2019年2月?
日本版の発売日 2018年10月5日 ?2019年2月?
日本での定価 5万4800円+税 ?
日本版の値引きキャンペーン等 楽天モバイル、■goo SimSeller(goo SimSeller Amazon支店goo SimSeller楽天支店goo SimSeller Yahoo!ショッピング支店)、■ NifMo、■IIJmio、■BIGLOBE SIM 、■DMMモバイル 、■mineo ?
OS Android 8.1 / EMUI 8.2 Android 9.0 / EMUI 9.0
SoC HUAWEI Kirin 970(4×Cortex A73 2.36GHz + 4×Cortex A53 1.8GHz)※GPU Turbo対応(プレイ中にGPU性能をブーストさせることで、高負荷なゲームにおける快適性も向上させる機能。2018年10月現在、「PUBG Mobile」と「モバイルレジェンド」の2タイトルで利用可能)※GPU Turbo とは何ですか?Wikipedia Kirin 970 Kirin710 (12nm FinFET、4x ARM Cortex-A73(2.2GHz) + 4x A53(1.7GHz) オクタコア構成)(Wikipedia Kirin 710
Antutuベンチ7.x 約20万点 約14万点
参考
Geekbench4(Single-Core) 1904 1557
Geekbench4(Multi-Core) 6656 5521
RAM 6GB RAM ※日本版は4GBなので注意 欧州版「P Smart 2019」は3GB
内蔵メモリ 128GB ※日本版も128GB(実測でRead879MB/s、Write184MB/s出るので、eMMCではなくUFSと考えられる。 ) 欧州版「P Smart 2019」は64GB
外部メモリ microSDXC card up to 256GB(SIM2スロットに入れる、SIMと排他利用) microSDXC card up to 512GB
SDを内部ストレージとして利用する機能
サイズ 157.0×73.7×7.3 mm Honor 10 lite : 154.8 x 73.6 x 7.95 mm 、P Smart 2019 : 155.2 x 73.4 x 8 mm ※少し大きさが違うので注意(ケースを流用する場合に注意が必要)
重量 166g Honor 10 lite : 162g 、P Smart 2019 : 160g
通信対応バンド ?
2G GSM 850/900/1800/1900MHz ?
3G W-CDMA 1/2/4/5/6/8/19 ?
?
4G (LTE) ■FDD-LTE ?
1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28 ?
■TDD-LTE ?
38/40/41 ?
※ドコモ系SIMの通信・通話対応 ○通信、通話、SMS OK。VoLTEは非対応なので注意。 → ※2018/11/15のアップデートでau VoLTE&ドコモVoLTEに対応。 ※ドコモ本家SIMでのVoLTE利用にはSPモードの契約&APN設定が必要→詳細説明 ※DSDS状態にしてもFOMA SIMの利用は不可という報告あり。(ソース ?
※au系SIMの通信・通話対応について ×※発売後のアップデートでau VoLTE対応予定。(2018年11月20日頃にau VoLTE対応アップデートを配信予定(ソース)) → ※2018/11/15のアップデートでau VoLTE&ドコモVoLTEに対応。 ?
※ソフトバンクSIMの通信・通話対応 ○通信、通話、SMS OK。VoLTEも対応。 ?
※Y!mobile SIMの通信・通話対応 ○通信、通話、SMS OK。VoLTEも対応。 ?
技適通過 2018/9/8 nova3が技適通過!! POT-LX2Jで技適通過!(ソース
SIM Nano SIM+Nano SIM デュアルSIM ※SDカードはSIM2スロットで排他 Nano SIM+Nano SIM デュアルSIM ※SDカードはSIM2スロットで排他
DSDS ○日本版もDSDS対応。DSDVにも対応! ※DSDS状態にしてもFOMA SIMの利用は不可という報告あり。(ソース
DSDV
DSDSでFOMA SIMの利用 ×利用不可!との報告あり!ソース
Triple Slots(SIMスロットとSDカードスロットが独立) × SDカードは排他 × SDカードは排他
通信速度
キャリアアグリゲーション(CA) 2波CA対応
VoLTE対応 VoLTEはソフトバンク網対応。 発売後にソフトウェア更新でau網のVoLTEに対応する予定(2018年11月20日頃にau VoLTE対応アップデートを配信予定(ソース))。ドコモVoLTEには非対応なので注意。 → ※2018/11/15のアップデートでau VoLTE&ドコモVoLTEに対応。
GPS ○GPS/AGPS/Glonass/北斗 ○GPS/AGPS/Glonass/北斗
みちびき対応 ×との報告あり
無線LAN 802.11 a/b/g/n/ac 2.4G /5G Hz 802.11 a/b/g/n/ac 2.4G/5G
無線LAN 5GHz対応
無線LANルーター(テザリング)機能
Bluetooth BT 4.2、aptX、 aptX HD公式対応!さらにHWAにも対応! BT4.2、BLE
aptX対応 aptX、 aptX HD公式対応!
Bluetoothテザリング
ディスプレイ 6.3インチ、TFT LCD(IPS)、2340 x 1080、ノッチあり 6.21インチ、TFT LCD(IPS)液晶、FHD+ 1080x2340、ノッチあり
ナックルジェスチャー
マルチタッチ 10
オンスクリーンキーかどうか オンスクリーンキー オンスクリーンキー
ナビゲーションキーの点灯 オンスクリーンキー オンスクリーンキー
飛散防止フィルム なし なし
背面カメラ(撮像素子) デュアルカメラ ■1600万画素(カラーセンサー) ■2400万画素(モノクロ) デュアルカメラ ■13MP F2.2、 PDAF ■2 MP、depth sensor(深度測定用)
背面カメラ(AF、補助センサー) オートフォーカスは像面位相差AFとコントラストAF PDAF
背面カメラ(レンズ) F/1.8+F/1.8 F2.2
前面インカメラ 前面もデュアルカメラ ■2400万画素(カラーセンサー) ■200万画素(深度測定用) F/2.0。インカメラでは、セルフィーにさまざまな効果を付加する「ARレンズ」機能も用意され、「3D Qmoji」では撮影者の顔の動物などのキャラクターに置き換えた上で、向きや表情の変化をリアルタイムに反映させることが可能 8MP
顔認証ロック解除機能 ○インカメラ付近に赤外線センサーを装備しており、暗い環境でも顔認証を行いやすくしている
動画撮影 4K動画撮影対応 1080p@30fps
手ぶれ補正(リアカメラ) 電子式(オンオフはできない)。AIを利用する手ぶれ補正「AIS」には非対応。光学手ブレ補正には非対応。
USB USB Type-C 2.0 microUSB 2.0
USBホスト
USB DAC
映像出力
Miracast
PCモード機能(外部ディスプレイに接続してPCのように使う) × ×
ヘッドホンジャック ○ 3.5 mm ○ 3.5 mm
サラウンド
デジタルノイズキャンセリング機能
スピーカー モノラルスピーカー モノラルスピーカー
FMラジオ
バッテリー容量 3750mAh 3400mAh
ユーザーが自分で電池交換 × ×
クレードル(卓上ホルダ) × ×
置くだけ充電(ワイヤレス充電、qi) × ×
急速充電(5V 2A)
急速充電2(QuickCharge 2.0、9V-12V高電圧急速充電) × ?
急速充電3(QuickCharge 3.0、3.6V-20V高電圧急速充電) × ?
USB PD(USB Type-C Current@3A) ? ?
※QC2.0ではなく、ファーウェイ独自方式の9V/2A高電圧急速充電(Huawei FCP)に対応。同梱の専用ACアダプタが必要。(※純正以外にも、「ファーウェイ独自方式の高電圧急速充電(9V 2A)」に対応したACアダプター、モバイルバッテリーがいくつかあります。Amazonで探す ※9V/2A高電圧急速充電(Huawei FCP)には非対応なので注意。急速充電は5V2A充電のみ対応。(この辺で上位機種と差別化している)
NFC 中国版は× 日本版も× 中国版は× ※欧州版「P Smart 2019」も×(ソース
Felica(おサイフケータイ) × ×
赤外線 × ×
防水 × ×
防塵 × ×
指紋認証センサー ○(本体背面) ○(本体背面)
対応センサー 加速度、電子コンパス、環境光、近接、ジャイロ
Pokemon GO対応
日本の緊急地震速報(ETWS)
DLNA
ストラップホール × ×
簡易留守録(本体に留守録、伝言メモ) × ×
デフォルトの電話アプリに通話録音機能がついているか × ×
節電機能
フォント変更機能 × ※裏技で変更可能
カラーバリエーション 日本版はアイリスパープル、ブラックの2色。※さらに、gooSimseller限定カラーのレッド。中国版は藍楹紫、亮黒色、浅艾藍、桜草金 Midnight Black/Aurora Blue/Sapphire Blue
 
同梱品 イヤホンマイク / 保護ケース / ACアダプタ(9V2Aの高電圧急速充電に対応) / USBケーブル / クイックスタートガイド ※最初から画面保護シートが貼ってあるという報告あり

外観

nova 3





nova lite 3

このエントリーをはてなブックマークに追加